様々なメリットがある

大工

オール電化住宅とは、家庭内で使用するエネルギーをすべて電気で賄うシステムを備えた住宅のことを指します。従来ガスを利用する場合が多い給湯システムはエコキュートや電気温水器を利用し、調理にはIH調理器を使用します。冷暖房システムは、エアコンと床暖房システムを組み合わせたものが一般的です。オール電化住宅では、裸火を使用することがないため火災の発生する危険が少なく、また電気調理器具や暖房システムは一酸化炭素を排出しないため換気も必要ありません。このことから安全でクリーンなシステムを備えた住宅として近年普及が促進しています。特に火災の危険性の低さから、住宅ローンの金利が優遇されたり、火災保険の適用されるなどのメリットもあります。

オール電化住宅では、ガスの使用がなくなるため、基本料金を電力に一本化することができます。また新築工事の際にはガス配管の工事などが省けるため建設コストを下げることができます。オール電化住宅向けの電力料金プランの契約は、深夜時間帯での利用が安く設定されているのが特徴です。時間帯によって電力単価が変わる時間帯別電灯が一般的で、深夜の料金単価は正午から午後3時までの昼間の単価の半額以下となります。また全電化住宅割引など、オール電化住宅向けの特別割引などもあり、給湯を深夜帯に行うことで、光熱費をガスと併用するより安くすることが可能となります。また、給湯設備のエコキュートやエアコンは省エネ性能の高いヒートポンプ機器を使用しており、二酸化炭素排出量はガスや石油を利用する燃焼機器に比べて優れています。